2020年7月 5日 (日)

第13週

第13週 7月5日~7月11日

いま 感覚の 高みにいる
わたしの 魂の 深みで
精神の 火の世界から 発する
神の 真言が 燃え上がる。
精神の地平で 予感しつつ 探し
精神につながる あなたを見出せ と。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

今週はゲーテカラーの三色ではなく、
「色の三原色」で楽しんでおりました。
三色パステルアートで暑中見舞いはがきを描いてみたり、
Dsc_0044
透明水彩の三原色…
03
黒の絵の具を使わない方が黒の幅が出るのが面白かったリしますね💕

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

第12週 ヨハネ祭の気分 6月24日

世界の 美しい 輝き、
その輝きが わたしの命に 宿る
神的な諸力を 魂の底から 解き放ち
宇宙へと 天翔けらせる。
わたしは 自分を 後にして
信頼しつつ ただ みずからを
宇宙の 光と熱の中に 探しもとめる。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

6月24日 ヨーロッパでは洗礼者ヨハネの祝日にお祭りが行われます。
ヨハネはイエス・キリストより半年早く生まれたという言伝えから、
クリスマスが12月25日と決められた後に、ヨハネの祝日が設置され、
現在の夏至祭は、キリスト教の聖人の日と
北欧伝統の季節の祝祭が一緒になった社会的文化的現象となっています。
中でもポーランド最古の都市ポナズンで行われる「聖ヨハネ祭」は
人気ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の名シーンの様✨

一度はこの景色の中に立ってみたい✨
Dsc_0028_2

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

第11週

第11週  6月21日~6月27日

この 輝く 太陽の時に
あなたは 知恵のしらせを 認識し
世界の 美しさに 身を任せながら
みずからを内に感じつつ 体験する、
人の自我が 失われようとも
世界の自我の中に 見出しうることを。

 

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 


 

新月、金環日食、夏至が重なる「引き寄せ最強日」
いかがお過ごしでしたか?
空を見上げ、宇宙になりたい自分を
しっかりオーダーする日、変容のはじまりに✨

Photo_20200622053501
天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや🍀

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

第10週


第10週 6月14日~6月20日

夏の 高みへと
太陽の 光り輝く本質は のぼりゆく。
それが わたしの 人としての感情を
空間の彼方へと いざなっていく。
予感とともに 感性が 立ち上がり
かすかな声で わたしに 告げる、
いつか 識るだろう 神的存在が
いまあなたを 感じとったことを と。

 

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 



熱気と湿気になかなか順応できませんが、
心穏やかに過ごしたいものです。
Dsc_0008

 天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや🍀

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

第9週

第9週 6月7日~6月13日

わたし固有の意志を 忘れさり
夏を告げる 世界の あたたかさが
わたしを 精神と魂の本質で 満たす。
光の中に おのれを失え と
精神の直観が わたしに うながし、
予感は わたしに 力強く 告げる
自分をすてよ 見出すためにこそ と。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 

Dsc_0422

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

第8週

第8週 5月31日~6月6日

 

 勢いづく 感覚は 神々の創造と
結び合いながら 成長し
考える力を おぼろげな
夢うつつへと 押し下げる。
神的存在が わたしの 魂と
ひとつに なろうとするとき
人の考えは 夢の状態の中に
つつましく 静まらねばならない。

 

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 

昨年のブログを読み返すと、四国松山での楽しい記事が出てきました。
昨年の今頃は、コロナ禍でこんなに世界中の生活様式がかわるなんて
思ってもなく…ただただ旅を楽しめましたが、
その時得た

 楽、黙々の中にあり。

という正岡子規の言葉は今日も染みる。

 Dsc_0414

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

第7週

第7週  5月24日~30日

宇宙の光に 強く 引きよせられて
わたしの自己は 消え去ろうとする。
いまこそ 来たれ わたしの予感よ
本来の 力強い 姿において。
わたしの 思考の勢いを 補え。
感覚の きらめきの中で
思考の勢いが 失われようとも。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳



Dsc_0396-1


天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

第6週

第6週 5月17日~23日

 

固有の枠から 抜け出して
生まれ出た わたしの自己は
おのれが 時空の 諸力の中での
宇宙の顕現であることを 見出す。
宇宙は いたるところで
神の原像の 似姿である
わたしの姿の 真実を 指し示す。

 

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 

Win_20200513_17_13_21_pro

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

第5週

第5週 5月10日~16日

 

精神の 深みから 発し
空間の中を 豊かに 織り成して
神々の創造を 啓示する 光の中に
魂の 本質が あらわれいでる。
宇宙的な存在へと 聖化され
狭い 自己の内なる力を 破って
よみがえった 魂の 本質が。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 



Win_20200506_13_08_19_pro
自粛自粛って 何もしていないのに言葉の響きだけで疲れるけれど
おうち時間を楽しむ💕と心で決めるだけでも
体は軽やかになるものですね♪

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

第4週

第4週 5月3日~5月9日

わたしは じぶんの本質の極みを感じる、
感性は そう 語り
太陽に 照らされた 世界で
あふれる光と 結ばれる。
そして 澄みわたる 思考に
あたたかさを 贈り
人と 世界を しっかりと
ひとつに 結ぼうとする。

イザラ書房 『魂のこよみ』(新訳)シュタイナー著/秦理絵子訳

 




Dsc_0333
天にありては星、地にありては花、人にありては愛、
これ世に美しきものの最たらずや

| | コメント (0)

«第3週